2015年03月05日

旅立ちの日に

いよいよ卒業式の練習も本格的に始まりました。
今朝は「旅立ちの日に」という歌の練習をしました。この歌は、今では全国の小中高校の卒業ソングの定番になっていて、多くの歌手がカバーしています。とってもいい歌詞で、私も大好きな歌です。
この曲は、平成3年に埼玉県の中学校の校長先生が作詞し、音楽の先生が作曲しています。音楽の先生が作詞を校長先生にお願いしたら、センスがないからと断られたそうです。でも、翌日学校に行ったら机の上に詞が書き上げられていたそうです。その詞があまりにもステキで、音楽の先生は授業の空き時間に15分程度で作曲したそうです。この曲を作った高橋(坂本)先生は、「ありがとうを伝えたい人のことを思って、歌っていただけたら嬉しい!」と雑誌のインタビューで言っていました。
勇気を翼に込めて、ありがとうの気持ちを伝えたい・・この曲には、そんな思いが込められているんですね。卒業生も在校生も、共に過ごした時間を思い出しながら、思いを込めて歌いあげてほしいです。


posted by 陽希姫 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。