2015年01月06日

古くからの習わしを大切にしたい…

 我が家では正月の飾りを、その年の恵方(縁起の良い方角)に送る習わしがあります。方角によって、どの場所に送る(決まった木などに縛る)かが決まっています。それは、櫻の木であったり、柿の木であったり、花桃の木であったり…。今年の恵方は西南西で、花桃の木に送りました。家を継いで20年ほど経ちますが、毎年この儀式は欠かさず行ってきています。調べてみると、江戸の人々は日の吉凶(大安、仏滅など)以外に「方位の吉凶」も気にしていたようです。迷信と言われてしまえばそれまでですが、私は古くから受け継がれているこの習わしを、大切にしていきたいと思っています。平成27年が、皆様にとって良い年であることを願いつつ、今年初めてのブログを閉じたいと思います。


posted by 一石 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。