2014年12月10日

図書集会がありました。

前回からの続きで、3年生の発表について書こうと思ったのですが、すでに出ているので
今回は、違う話を書こうと思います。
(緊張しながらも、しっかり「たまご」について発表できていました!)


今日の朝活から1校時にかけて、図書集会がありました。
その中でも特に子どもたちが盛り上がったのは「ブック デ ゲーム」でした。

最初のゲームは、「ティッチ」という絵本を使ったゲームでした。
絵本を読んだあとに、登場人物(兄さん・姉さん・ティッチ)が
何を持っていたのかを思い出しながら、持ち物を渡してあげるというゲームでした。
(登場人物の名札をつけた先生方に渡していました)

「これは、ティッチ!」と自信満々に渡す子どももいれば
「多分、これは姉さんだったと思う・・・」と不安な子どももいれば
「やばい、わかんない!」という某先生(笑)もいました。

結果は、持ち物は2つ違っていたのですが、20個くらいあった持ち物のうち
ほとんどを間違いなく渡せた子どもの記憶力に驚きました。

「おはなしカルタ」は、お話のあらすじを聞きながら、本の表紙があるカードを取っていくゲームでした。
低学年では、急ぎすぎてお手つきをした場面もありました。
やはり、よく本を読んでいる子がたくさんカードを取っていました。

「おすすめの本の紹介」では、6年生が特に発表の仕方が上手でした。
司会の図書委員から「6年生の○○さんが紹介した本を読んでみようと思いました。」と言うくらいだったので
さすが6年生だな、と思いました。

もうすぐ冬休み。
親子読書もありますので、ぜひこの機会にたくさん本を読んでほしいと思います。


posted by たねくん at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。