2014年03月12日

1030−250=?

 前回出題した「すきまはどのくらいできますか…?」の解答をします。Q.1、Q.2とも約16cmです。地球の半径をR(m)とし円周率をπで表すと、その円周は2πR(m)で、これに1(m)の紐を継ぎ足した長さは2πR+1(m)、その半径は、(2πR+1)/2π=R+1/2πです。したがって、すきまは(R+1/2π)−R=1/2π≒0.159(m)≒16(cm)となります。ここで注目してほしいことは引き算することでRが消えてしまうことです。つまり、半径に関係なく(大きさに関係なく)、すきまは同じになるということです。ちょっとした驚きですね。
 さて、たぶん今年度最後となる問題を…。
 ある規則にしたがって計算すると
 520+330=850
 745+120=905
 810−540=230
となります。では、1030−250の答えは…?


posted by 一石 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。