2014年03月11日

あの日から3年。

昨日に引き続き、東日本大震災の話です。

朝、子どもたちに学級で話をしたところ、1年生は東日本大震災を知りませんでした。
4才のときの大地震。「机の下に隠れたことはあった。」「違うところにいたから大丈夫だった。」
そう言う子どもたちに、3年前の今日、どんなことがあったのか話をしました。

まだ3年・・・。もう3年・・・。
感じ方は人それぞれです。一体復興はどこまで進んでいるのか。ボランティアの数は激減しているそうですね。私自身、3年前には「毎日を大切にしないと。」「いつ何が起こるかわからない。」なんて思っていましたが、振り返ってみれば、この3年間、そんなに大切にもしていないんですよね。ただ毎日が流れていく感じです。被災者の人たちは今何を思ってるのかなぁ。

今日のお昼、校長先生の話のあとみんなで黙祷しました。そのときに上のようなことを考えたのです。
みなさんは、今日、どんなことを考え、どんなことを思いましたか?


posted by ハム at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。