2014年02月25日

雪崩に遭遇しました

まだまだ大雪の話が続きます。今回の2月14日の大雪の日に私は生まれて初めて雪崩に遭遇しました。場所は柳島と大島の中間辺りで、時刻は15時10分頃でした。私の車がそこを通りかかった時、既に雪崩は発生していて道路の三分の二以上が埋もれていました。左側のガードレールと雪の間に車1台は通れそうな隙間があったので、思い切って通り過ぎることにしました。しかし、そこにも雪があり、思いの外、深くて私の車は底がついてしまい、4WDのRV車にもかかわらずスタッグしてしまいました。何とか脱出しようとしましたが、タイヤは空回りをするだけでした。その間にも雪崩が起こり、私の車は半分以上埋まり、ドアが開けられなくなりました。助手席の窓を開け、その隙間から出てガードレールを伝わって逃げました。ガードレールの下は絶壁でした。そこに大島方面から慶雲館の送迎バスが来てワイヤーロープで引っ張ってくれ、柳島からは福祉協議会の職員の車が来てスコップで除雪してくれ、車が脱出できました。もう少し時間がたっていたら、車がだめになってしまったと思います。このメール上で助けて下さった方々にお礼と感謝を申し上げます。これから気温が上がり、雪崩や木からの落雪が発生しやすくなります。帰る時は、単独ではなく、誰かの車と前後して複数で帰ると何かあった時に心強いと思います。みなさん、くれぐれも気をつけて下さい。


posted by みっちゃんち at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと恐ろしい体験((((;゚Д゚)))))))
生きた心地がしなかったでしょうね。
読んでいて心臓バクバクしてしまいました。

とにかく ご無事で何よりです。

私も車に乗るときはスコップ積んで動きます!


Posted by モニモニ at 2014年02月26日 06:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。