2014年01月28日

研究授業

 昨日、2年生の研究授業、国語科の『あったらいいな、こんなもの』を行いました。自分であったらいいなと考えたものを友だちに発表し、聞き手からの質問や感想を発表内容に生かすという「話すこと・聞くこと」の学習でした。

 大勢の参観者を前にして緊張するかな、大きな声で発表できるかな、大事なことを聞き取って質問できるかな……と心配をしましたが、3人ともしっかりがんばることができました。「いつもよりいいじゃん。ほどよい緊張感は、いいね。」そんなことを感じた時間でした。
 
 それにしても、子どもたちの発想の豊かさと、発表メモを短時間で覚えた記憶力のよさには脱帽です。大人にはまねできません。
これからも、話し方名人・聞き方名人をめざしてね!


posted by スヌーピー at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。